2013年10月13日

 新しく土地を購入する際、私共の事務所に訪ねられて「この土地どうでしょうか?」

とアドバイスを求められるケースがあります。


 検討しておられる土地の用途地域、建ぺい率などの法的規制からくる建築条件や道路の位置関係、周辺の環境、方位などからくる土地の性格をプロの目からみて「こういう土地ですね」とアドバイスはさせていただいています。
 ただ、たまにあるのですが「買った方がいいですか?」的質問。買う買わないはご自身の問題なのですが、そこをあえて私共に聞いてこられるのは、最後の背中のひと押しがほしいといったところでしょうか。

 土地というのは結婚と同じで縁の要素がたいへんつよく働きます。一生懸命探ししていても見つからない時は全然見つかりませんし、逆にあきらめかけていた時に、まるで神様が下りてきたようにサッと見つかる時があります。


 見つからないと嘆いておられる方の多くは、たいがい条件がきびしい場合が多いようです。

 そんな方に知っておいてほしいのが、「どんなにいびつな土地(敷地)であっても、設計の工夫次第で住みよい豊かな住まいが出来あがる」ということです。


 ですので、住みたい地域の案件が出たら、「せまいな〜」とか「隣にビル建ってる」とかの理由でパスしてしまう前に、一度専門家(住宅設計事務所など)の意見を聞くのも一つの方法です。


「子どもの学区を考えると、この場所が気に入っています。ただこのようないびつな土地ですがどんな設計が考えられますか」といったことのアドバイスをもらうのです。

(ただし設計事務所もピンキリですので注意がいります。またアドバイス料も多少発生します)


 アドバイスをもらい「なるほど」と感じることができれば、一歩前に進めます。

 そういったことを知識として知っておくと、探す間口もグンと広がり、縁もあなたに味方してくれるでしょう。


 





posted by ばばちゃん at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 土地 縁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。