2014年07月30日

間取りのいろいろ

敷地が間取りを決めるお話をしました。

間取りを考えるには「原作」の元となる、こうあったらいいな・・・・的な自分の考えが必要というお話もしました。


なんだかとても難しいようにも思えてしまいますね。すみません。


少し視点を変えます。


5LDK110uくらいの間取り、考えてもらえませんか・・・・

プランを作るのが早い人なら、30分くらいでそれなりのプランは完成します。

たぶん、わたしもそれくらいのスピードでできるでしょう。

しかもそれは大変合理的で、無駄のないプランです。建売住宅やハウスメーカーなどは、こういうプランをお客さんに出せば、文句が出ず気に入ってもらえることを知っています。

(わかり易く言えば普通のプランです)


一方で、試行錯誤しながらプランを通し要望を形にしていくことに楽しみを見出す人もおられます。建築家に依頼する人はこのタイプでしょうか。

(少し変わっていて、味があります)


同じ値段でも、食事をするとき、お手ごろ価格の人気のチェーン店を選ぶか・・・・、店は小さいながらもシェフが腕によりをかけて作った料理が最高と考えるか・・・・

これと似ています。


チェーン店は不特定多数の人々の口に合うよう最大公約数的に味を研究します。それがもっとも利益が上がるからです。当たり外れがなく安定していますが味のサプライズは期待できません。

一方小さなお店は、自分の腕に自信がありますから、お客さんを楽しませる味のサプライズが期待できますし、シェフと心が通じれば多少の無理はきいてくれたりと、お互いの信頼関係がウェイトを占めたりします。


プロが作った間取りでも、

@ 面白みはないけれど、最大公約数的に「まあよい」と感じる間取りを選ぶ(ハウスメーカーなど)

A 建築家と信頼関係を築き、自分の思いを追求する


住まいにかけるトータルなコストが同じであったらどちらを選ぶかは、どちらが良いかということより、どちらが自分の性格に合っているか、で決めるほうが確かかもしれません。


プロが考えた「間取り」と一口に言っても、それぞれ目指しているところが違います。

そのあたりを何となく理解していただけたらこのブログをより楽しんでいただけると思います。



posted by ばばちゃん at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | プラン 間取りのいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。