2014年03月20日

玄関は機能がいっぱい

日本独特の空間に玄関があります。
玄関には土間があり、その先に一段高い玄関框があります。
靴を脱ぐ習慣は東南アジアなどの地域にもみられます。もともとは、日本をはじめ湿度が高い国では湿った靴を床に持ってこないという衛生面から始まったと言われています。日本では靴を脱ぐ事によって「湿度から守る」と同時に、外界の喧騒を忘れ「清めて入る」といった厳かな意味合いもあります。少しオーバーですが日本人にとっての玄関は外と内の結界を意味します。そう考えると精神面や物理面など様々な機能を持った空間と考えることができます。
外と内の接点(交わる場所)に働く機能・・・・具体的には
@ 靴の履き替え
A 雨具、防寒着や帽子などの脱着
B アウトドア、スポーツ用品など趣味の道具の設置場所
C ベビーカー、車椅子などの補助用品設置場所
D 衛生、身だしなみの場所
E 他の空間への通過場所
F 接客のための空間
G 住まいの顔としての役割
などなど本当にたくさんの機能があります。
では具体的に考えていきます。


posted by ばばちゃん at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 設計 玄関 玄関は機能がいっぱい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。